怒ってダンスするあなたとよく冷えたビール

テレビのインタビューで、「アイスティー」のことについて尋ねられたとしたら、君はなんと言う?「牛丼」って、人それぞれで感じ方が千差万別なのかもね。
ホームボタン

陽の見えない土曜の昼に散歩を

絵画やフォトなど芸術観賞が大好きで、絵も描けるのに、写真撮影がとても苦手だ。
でも、かつては一丁前に、キャノンの一眼を宝物にしていた時もあり、なにがなんでも持ち歩いたりした。
信じられないくらい焦点が合ってなかったり、変わったアングルなので、カメラが笑っているようだった。
けれど、レンズや加工はどう考えても、クールだと感じる芸術だ!

笑顔で熱弁する弟と失くしたストラップ
真夏に、石垣島まで仕事に出かけた。
もちろん非常に暑い!
ゆとりのあるカットソーの上に、背広。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、スーツのジャケットはボロボロに。
宿泊先にまで着いて、ジャケットをLUSHの石鹸で綺麗にした。
翌日その上着はピンクグレープフルーツの良い香りがした。
スーツがボロくなあるのではないかと心配したけれど、何があっても洗わなきゃいけない思っていた。

勢いで体操する母さんと飛行機雲

今更ながら、ニンテンドーDSに夢中になっている。
最初は、TOEIC対策にもっと英語漬けや英語関係のソフトを使っていたのみだった。
だけど、電気屋さんでゲームソフトを見ていたら、英語関係以外も目移りしてしまい、無駄に欲しくなってしまう。
友コレやマリオパーティー、逆転検事など。
変わり種で、中国語講座も売れているらしい。
DSは、待ち合わせなどの、ちょっとの空き時間には活躍しそうだ。

陽の見えない仏滅の晩は目を閉じて
私の娘がマルモダンスを一生懸命踊っている。
教えてもいないのに、3歳なのに頑張って踊っている。
テレビでマルモダンスの音が流れると、録画映像を見るとだだをこねて泣いている。
録画したものを見せると止まることなくずっと見ている。
親なので、テレビの映像を見続けるよりも絵本を見たり、おもちゃなどで体を使って遊んだりしているのがいいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら絶対に巣立っていくものだから、今のうちにいっしょに遊んでおくのも私たちの為だ。

夢中で自転車をこぐ先生と暑い日差し

仕事で着るスーツを手に入れに向かった。
コムサでモード等フォーマルなお店も憧れるけれど109もありだと思う。
気が強そうでハキハキとした女性向けのショッピングビルで体にフィットするファッションが多数。
価格はショップによって違いが表れるが、全体的に安価。
そこで、購入する物を選んでいたが、小さめの物ばかり取り扱われていた。
着た感じも、普段よりお洒落に見えるような気がする。
良いスーツ購入ができて、とっても満足した。

喜んで口笛を吹く兄弟と暑い日差し
1年前から、南九州に住むようになって台風をものすごく気にかけるようになった。
風が全く違うからだ。
長崎に住んでいたことも東京に住んでいたこともあるのだけれど、台風の風が全く違う。
サッカーのゴールが転がり走ると話を聞いた時は、オーバーだと思ったが、本当だった。
超大型台風が通過した後は、高いヤシや高い樹は倒れ、海辺の道は海からのゴミであふれ車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海辺の家や民宿では、車のサイドミラーが破損したり、民家のガラスが割れ、天井が飛んだりと冗談と思っていたようなことを見た。
真上を通らずにかすっただけでも風は大変強く、古い民家にいると家のきしむ音がめっちゃ心配してしまう。

前のめりで走る友人とオレ

家の前の庭でハンモックに寝そべり、気持ちよい風に身を浸していた、休日の午後の事。
空には飛行機雲が一筋走っていた。少年は、我が家のネコが「ギャニャァッ!」という大きな声に仰天して、ハンモックから地面に落ちてしまった。
目を凝らして見てみると、ネコは蛇と睨み合い、前かがみになり唸りながら牽制していた。
蛇はそれほど大きくは無く、毒も持っていなさそうだったので、少年はそばに落ちていた棒でつついて追っ払い、ネコを抱っこして再びハンモックに横になった。少年は、猫の頭を撫でながらお腹の上で寝かしつけ、気持ち良さそうに目を閉じるネコを見つめた。

天気の良い日曜の夜はシャワーを
学生のころよりNHK教育テレビを見ることがたくさん増えた。
昔は、両親やひいじいちゃんが視聴していたら、民放の番組が視聴したいのに思っていたが、ここ最近は、NHKを見てしまう。
おもしろいものがものすごく少ないと思っていたのだけども、近頃は、楽しいもの番組もふえた。
そして私が、バラエティ以外の内容のものも好んで見るようになった。
また、攻撃的でないものや息子に悪い影響がとっても少ないものがNHKは多いので、子供がいる今は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンですらすごく攻撃的のように見える。
いつも殴って終わりだから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

どしゃ降りの大安の午後は目を閉じて

興味はほとんどなかったけれど、筋トレくらいほんの少しでもしなくてはとこのごろ考える。
職務が変わってから、此の程、体力仕事がたいそう少なくなり、体脂肪率がものすごく増した。
そして、30歳になったのもあるかもしれないが、腹にぶよぶよと脂肪が増えてきて、ものすごく自分でも見苦しいと思う。
ちょっとは、走らないとだめだ。

陽気に自転車をこぐあの子と霧
太宰治の、斜陽は、休憩なしで読めると思う。
戦前は良い所の御嬢さんだったかず子が、強引で負けない女性になっていく。
なかなか立派だと感じた僕。
これだけの、誰にも恐れない気の強さと、強い意志が戦争が終わったこの頃は必要だったのかもしれない。
彼女の都合は置いておいて、不倫相手の小説家の妻からするとウザいだろうと思える。

Copyright (C) 2015 痩せた友達を天使とは言わせない All Rights Reserved.